ラシーヌ讃歌

フォーレの合唱曲【ラシーヌ讃歌】CDや合唱の楽譜はこちら

ラシーヌ讃歌って?

ラシーヌ讃歌はガブリエル・フォーレの作品です。
フランスの作曲家です。ラシーヌ讃歌は1865年作曲。Cantiqueの部分は日本語で
讃歌、賛歌とも。


歌詞

歌詞ってどんなことが書かれているんでしょうか?
最初は賛美歌と思ったのですがラシーヌになってますね。
どういうことなのでしょうか?


こちらのサイト
によると、なるほどと納得します。
タイトルだけ聞くとラシーヌを賛美する曲?と思ってしまい、
曲だけ聞けば、賛美歌なのだろうかと思ってしまいますが、
歌詞をしっかり知ることが大切なようです。
要するにラシーヌが書いた賛歌ということです。


好きなところ

雰囲気ですね。荘厳な庭にでもいるかのよう。自然と歌いたくなります。
勝手に一緒に歌っても何の違和感もないかもしれません。
あと、懐かしい気分もあります。記憶の片隅に忘れずにある断片のような。


メロディ

昔風の親しみやすいメロディ。よく知っているというか。
この時代でもまだこういう感じもあるのだなあと
思いました。
個人的にだんだん、現代に近づいてくれば、ベートーベンやモーツアルトの時代のような
音やメロディは減ってくるだろうと思っています。
クラシックの世界では。ビートルズとかはまた別に考えて。


ぷりんと楽譜


ラシーヌ讃歌以外の楽譜などがあります♪


フォーレの楽譜詳細はこちら




楽譜ネット



女声、混声合唱もありました。


ラシーヌ賛歌の合唱の楽譜探しはこちら




通販サイトアマゾン

ラシーヌ雅歌(フォーレ:合唱&歌曲集)

ラシーヌ雅歌とも訳されるようです。