合唱 耳コピ

合唱するなら耳コピができたほうが便利?そのメリットは?

音取りがスムーズになる効果がある

バンドをしている人は耳コピで覚えることが多いそうです。合唱の場合も耳コピができた方が便利なのでしょうか?


耳コピとは楽譜を見ただけで歌えたり、ラジオで流れている歌をすぐさまピアノやギターで弾ける技術です。できたらすごい!って言われる技です。生まれつきできる人がいるだけであとから習得は難しい?そんなことはありません。いつからでも習得はできそうです。


一番のメリットは音取りで苦労しなくて済むことです。例えばアルト。メロディじゃないので覚えるのが一苦労。せっかく覚えても一斉にほかのパートが歌えば自分の音がわからなくなることもしょっちゅう。


合唱で主旋律以外のパートで音を覚えるのはたいてい地道な努力です。音取り用の音源を作ってもらえるところもあります。それを何度も繰り返し耳でひたすら覚えるしかないです。あと先生に音を取ってもらうという方法もあります。パート練習の最初の方で行われることが多いです。


このようにもし合唱をしている人で耳コピができたらメリットは大きいです。