合唱 発声練習のコツ

合唱の発声練習のコツ【まずは個人練習が大切!】

合唱の発生練習は個人練習も大切

合唱はみんなで歌うから大丈夫と思っていませんか?上手な人が2,3人がいればカバーできる?そんなことはありません。最終的には一人一人が同じレベルでちゃんと歌えることが求められます。一緒に歌うみんなが主役です。


最初に発声練習をするけど


実際の曲の練習の前にみんなで発声をしますが本当に自分の声がちゃんと出ているかわかりづらいものです。たくさんの人と歌っていると自分もちゃんと歌えている気がしてきます。実際は個人差はかなりあります。人間、それぞれ違いがあるように声量にも違いがあって当然です。多くの人と歌うとは各人の弱点を補強しつつ、各人の個性、長所を最大限活かして大きな作品を作り上げること。


ということで個人練習が大切


1人でピアノで音を叩きながらちゃんとその音程が出ているかをきちんと確かめたり、しっかりと自分の声をまず聴くことが重要です。例えば先生があなたの声はこの音域と言うかもだけど、自分の音域は自分がわかっているはずです。出ない音域を一生懸命、練習してものどに悪いです。


全体またはパートで発声練習する前に個人練習も大切にしたいですね。